超越フラグラ(長い説明あり)


16,800
超越フラグラ(長い説明あり)

始めまして、ウメタロウと申します。

回し方としては、序盤をとにかく凌ぎながら超越のスペルブーストを貯めて、フラムとグラスと超越を同時に展開して合体、そのまま殴り勝つという非常にシンプルなものとなっています。

ここからは枚数配分や初手・マリガンなどを含めての説明になります。
ウィッチを使い始めたばかりの方やカードの枚数配分が気になる人は軽く目を通してみてください。

まず初手ですが、超越を無理に握ってる必要はないです。
運命の導きなどの各種ドローカードやマーリンのサーチで、比較的序盤に超越を手札に加えることは可能です。
ですので、初手・マリガンはアグロ系を意識して低コストの除去カードやファイヤーチェインを握っておくと安心です。後攻の場合、マーリン・グラスを握っておいても大丈夫です。

序盤はとにかく死なないように粘るとして、中盤はスペルブーストもそこそこに貯まっていると思うので、状況に合わせてフォロワーを処理してください。握撃はどうしても他のカードで処理できないときに使うくらいの気持ちで。便利なんでww

あとは超越+フラム+グラス=その時のPPになったタイミングで展開して合体、フラム=グラスで制圧していけばよいのですが、
ここで一つだけ注意してほしいのですが、絶対にフラムとグラスを使いきってはいけません。

見てのとおり、このデッキはフィニッシャーをフラム=グラスに完全に絞ってます。
ですので、どちらかを使いきってしまった場合、クレイゴーレムとマーリンで殴りきるしかなくなります。
極々稀にそういうパターンもありますが、終盤のデカさ合戦などでも明らかに不利になってしまいます。

特にグラスは全体ダメージを持っているのでアグロ対策としても使いやすく、多用したくなる気持ちもありますが、そこは後のフュージョンアップに期待してぐっと堪えましょう。

フラムが二枚なのは、
1・腐りやすい
2・こいつらは進化して使うことがほとんどだが、進化して使うならグラスの方が優秀
3・フラムで削らなくても、合体すれば削りきれる
4・ヴァンプ相手で使いたくない
の理由です。
特に4に関しては、ヴァンプ相手にフラムなどで削りすぎて、自傷→黙示録などのコンボを起動させてしまう可能性が高いので、フラムは最後まで使わないくらいの気持ちでいいでしょう。

最後になりますが、このデッキ、ロマン砲かと思いきや回せるようになれば結構な確率でフュージョンアップできます。
超越系全体で言えると思いますが、とにかく焦らないことが大切です。
コストが減ったりするのを視野に入れながらカードをプレイする順番を考えながらプレイしていくといいと思います。

これにてこのデッキの個人的な視点での解説でした。
解説とかするの初めてなので、支離滅裂かもしれませんがいかがでしたでしょうか?
そもそもここまで読む人なんて全宇宙さがしても二人くらいでようがw

感想等ありましたらよろしくお願いします!!

 







このページのURL
SNSでシェアする
デッキコード生成

5.0

2 total
5
100%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%
エンジェルスナイプ

エンジェルスナイプ

枚数 3枚

知恵の光

知恵の光

枚数 3枚

マジックミサイル

マジックミサイル

枚数 3枚

ゴーレムの練成

ゴーレムの練成

枚数 3枚

ウィンドブラスト

ウィンドブラスト

枚数 3枚

虹の輝き

虹の輝き

枚数 3枚

ツインプリズナー・フラム

ツインプリズナー・フラム

枚数 2枚

ツインプリズナー・グラス

ツインプリズナー・グラス

枚数 3枚

魔力の蓄積

魔力の蓄積

枚数 3枚

マーリン

マーリン

枚数 3枚

ファイアーチェイン

ファイアーチェイン

枚数 3枚

運命の導き

運命の導き

枚数 3枚

炎の握撃

炎の握撃

枚数 2枚

次元の超越

次元の超越

枚数 3枚

ターン 1
マナ
1/1
山札
残り枚数
40/40
注意書き

このシミュレータは、「マリガン」「ドロー」「ターン終了」の基本的な操作を行うためのものです。
カード独自効果の発動や、墓地・スペルブーストなどリーダー依存のステータスの表示はしておりません。

レビュー
 ゲスト (1ヶ月以上前)
自分の組んでるフラグラは2枚ずつ刺しだったので、グラス3枚は思いつきませんでした!

 ゲスト (1ヶ月以上前)
フラムを使いたいけどデッキを組むのにレシピが無くて困ってたときに助かりました、説明もしっかりされていてわかりやすかったです。 ありがとうございますm(_ _)m